荒木 克弥氏

荒木 克弥氏

 山形県人会会長、汎ヅットラ花卉生産者協会会長などを歴任した荒木克弥さんが、12日午前8時過ぎ、モジ・ダス・クルーゼス市の病院に搬送中に亡くなった。享年80歳。山形県出身。

 荒木さんは東京農大卒業後の1961年7月に渡伯。64年、イタクアケセツーバ市に荒木花卉園を設立し、81年には汎ヅットラ花卉生産者協会を創設し、4期14年会長を務めた。また、東京農大校友会伯国支部理事のほか、山形県人会会長を98年から2010年まで12年間務めるなど、日系社会の発展に尽力してきた。

 荒木さんは10年ほど前に肺ガンを患い、その後の治療・療養で体力も回復しつつあった。しかし、8月頃に食べ物を喉に詰まらせて誤嚥(ごえん)性肺炎となり、入退院を繰り返していた。12日午前に病状が悪化し、モジ・ダス・クルーゼス市内の病院に運ばれる途中の車内で亡くなった。

 14日にアルジャー市の自宅で告別式が行われ、葬儀はジャカレイ市の火葬場で近親者のみで執り行われたという。初七日法要などは未定。

2018年9月18日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password