街道での銃押収激増 銃保有数は全国一=サンパウロ州

街道での銃押収激増 銃保有数は全国一=サンパウロ州

 連邦道路警察(PRF)の統計に基いて伝えた12日付伯メディアによると、サンパウロ州内の連邦道路(街道)上で2017年にPRFが押収した銃器の数は合計101丁と、前の年の30丁を激しく上回った。また、17年には銃弾の押収数も3倍近く増加。その数は16年に押収した4546発の2.8倍に相当する1万2587発に上った。

 PRFのリカルド・デ・パウラ報道官は「通常、これらの違法行為によって現行犯で検挙された車両はすでに何らかの理由によって監視されているものだ」と明かす。つまり、これらの摘発のほとんどは、連邦道路を走行中もしくは道路上に停車中の車に対してなんとなく職務質問をかけたら、偶然にも車内から武器や弾薬が見つかった、というものではないということだ。

 11日夜にはサンパウロ州内の国道116号線(ドゥトラ街道)上で、サンパウロ市内を出発してリオ州内の街へ向かっていた長距離路線バスの車内から1020発ものライフル弾が発見、押収された。そして、その現場から約200キロメートル離れた地点では、PRFに約50キロメートルもの追跡を受けた小型トラックの運転手が、リオ州レゼンデ市内のガソリンスタンドに車を乗り捨てて逃走、残された車の中からマリフアナ約1トン、ライフル銃5丁、弾倉10個、銃弾300発以上が発見された。

◆銃の保有数、全国の21%がサンパウロ州に

 連邦警察(PF)によれば、ブラジル全国で銃器の保有数が最も多いのはサンパウロ州だ。PFの登録では、サンパウロ州はブラジル全体の数(64万6127丁)の21.3%に相当する13万7883丁の銃器を保有している。しかし、これはあくまでもPFに届出がなされ合法的に保有されている銃器の数であり、実際の数は、全国においてもサンパウロ州内においても、PFに届けられているものを上回るはずだ。

 なお、登録されている銃器のブラジル全体の数に占めるサンパウロ州の保有数の割合(21.3%)は、どういうわけか、全国の人口に占めるサンパウロ州内人口の割合に近い。ブラジル地理統計院(IBGE)のデータによれば、サンパウロ州の人口は4528万人で、ブラジル全体(2億850万人)の21.7%を占めている。この点についてある専門家は、暴力の被害者になることへの恐怖が、サンパウロ州民による銃器登録の多さの動機の一つになっていると指摘している。

 17年には、ブラジル全体で4万2387丁の銃器が新たに登録された。このことは、ブラジル国内では1時間ごとに5丁の銃器が合法的なものとしてPFに認められたということを意味している。

2018年11月6日付け

0 Comentários

Deixar um comentário

Login

Bem vindo! Entre na sua conta

Lembrar de mim Esqueceu sua senha?

Lost Password