豊田豊展「空間律動」 芸大FAAPで

豊田豊展「空間律動」 芸大FAAPで
来社した豊田さんと助手の安楽さん(右から)

 彫刻家の豊田豊さん(87、山形)による展覧会「空間律動(O Ritmo do Espaço)」が今月23日から9月2日まで、サンパウロ市ヒジエノーポリス区の芸術大学「FAAP(Fundação Armando Alvares Penteado)」美術館(Rua Alagoas, 903)で開催される。豊田さんによる日本人移民110周年記念展となり、初日の23日午後3時から開会式が行われる。

 同展には、豊田さんが1965年から2018年までに制作した作品約80点が並ぶ。中には、7点の大作も含まれており、未発表の作品もお披露目される。昔の作品に関しては、コレクターから貸し出された作品もあり、通常は鑑賞できない希少な機会になる。

 来社した豊田さんは「ここまで大きな展覧会は初めて。移民110周年に相応しい展覧会になる。ぜひ、みなさんに来てほしい」と来場を呼びかけた。

 入場無料。

 同展に関する問い合わせは(電話11・3662・7200)まで。

2018年6月20日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password