豚コレラで打撃の中国 ブラジル産豚脂の輸入解禁

 ジャイル・ボルソナロ大統領(PSL=社会自由党)は5日、ブラジル産豚肉の副産物である食用脂肪の輸入を中国政府が承認したとツイッターに投稿した。

 同日付伯メディアによると大統領は「豚コレラの影響による需要の不足分を埋めるために、中国政府はブラジルの豚肉輸出業者らに対して豚の食用脂肪の輸出も許可した。この措置はブラジル動物性タンパク質協会(ABPA)の要求を満たすものだ」との一文を投稿。大統領はさらに、ブラジル動物性タンパク質協会によると豚の食用脂肪の市場価格は肉よりも高いとし、「中国は2019年末までに100万~200万トンの供給不足を起こす可能性がある。我々はこの分野で大きな進歩を遂げることができる」と述べ、アフリカ豚コレラの蔓延によって中国の養豚業界が大きな打撃を受けているこの機会にブラジル産豚肉が大躍進するとの見方を示した。

 ブラジルの農牧供給省は、豚肉の世界最大の生産国であり消費国である中国はアフリカ豚コレラの発生によって飼育されていた豚の約30%を失ったと推計しており、この機会にブラジルから中国への豚肉の供給を拡大させたいと考えている。

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password