開店すぐに満員御礼 「ラーメン和」10周年感謝デー

開店すぐに満員御礼 「ラーメン和」10周年感謝デー
当日の店内

 「ラーメン和」(長谷川洋二店長)は19日、開店10周年を記念し、同日の来店客に記念グッズとメールによる記念写真をプレゼントする感謝デーを開催した。昼の部開店の正午には客が詰め掛け、店内33席はすぐに満席となった。

 さらに、同日は午前9時から始まったサッカー・ワールドカップ予選で日本が南米の強豪コロンビアに2―1で勝利するゼブラ(番狂わせ)を演じたこともあり、来店した日本人客たちは興奮気味。長谷川店長も「販売させていただくラーメンにも一層気合が入ります」と話していた。

 入店までの行列に並んでいたサンパウロ近郊モジ・ダス・クルーゼス市に工場がある日本企業駐在員は「5年3カ月のサンパウロ駐在期間の間、ラーメン和に来るのが本当に楽しみでした。来週(25日の週)には日本に帰国ですから今日が食い収めです」と懐かしんだ。

 この日の来店客は、6対4くらいで非日系ブラジル人が多いように見受けられた。この10年で寿司や焼きそばに続き、ラーメンという日本食文化をサンパウロのブラジル人たちに根付かせた「ラーメン和」の存在価値は大きい。

2018年6月23日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password