鹿田 明義氏

鹿田 明義氏
鹿田 明義氏
リオ州日伯文化体育連盟理事長を長年にわたって務め、ブラジル長野県人会リオ支部長なども歴任していた鹿田明義(しかだ・あきよし)さんが27日午後6時頃、入院先のリオ市内病院で亡くなった。享年81歳。長野県出身。
 リオ日系協会関係者の話によると、鹿田さんは2年ほど前から体調が優れなかったとし、リオ州ノーバ・イグアスー市チングアに住む原林平さん(85、長崎)によると、鹿田さんは1週間ほど前にリオ市内病院のUTI(集中治療室)に入院し、25日には「ものも言えない状態」になっていたという。
 28日正午から午後6時までリオ市内の日本語モデル校に遺体が安置され、今日29日午前8時から同10時までリオ市カジュ区のセミテリオ・ダ・ペニテンシア(Rua Monsenhor Manuel Gomes, 307)で葬儀が行われた後、荼毘(だび)に付される。

2018年5月29日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password