黄熱で死亡137人に ほとんどが男性=ミナス州

 ミナス・ジェライス州政府は20日、2017年末からこれまでの間に同州内において確認された黄熱病による死亡例が137人に達したと発表した。1週間前の発表から4人増えた。伯メディアが同日付で伝えた。

 同州保健局によると、ミナス州内ではこれまでに396人が黄熱病と確認されており、感染の疑いがある人は650人に上っている。

 黄熱病と確認された人全体の86.8%(344人)は男性で、女性は残りの13.2%(52人)。また、黄熱病で亡くなった137人の平均年齢は48歳で、そのほとんど(130人)が男性だった。

 同州における黄熱病の致死率は34.6%に達している。

2018年3月22日付け

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password