黄熱病の感染確認 昨年7月から723件=保健省

 保健省は1日、国内の黄熱病感染に関するデータを更新した。各州保健局の情報に基づく同データによれば、昨年7月1日から今年2月28日までの期間に確認された黄熱病感染は723件で、そのうち死亡は237件となっている。その前年の同期間は、感染確認は576件、うち死亡は184件だった。アジェンシア・ブラジルが1日付で伝えた。

 昨年7月から今年2月までに報告された感染疑いのケースは2867件で、うち1359件は可能性が排除され、785件が調査中となっている。

 リオ・デ・ジャネイロ州とサンパウロ州、バイーア州では現在、黄熱ワクチンの接種キャンペーンが行われている。保健省の暫定集計によれば、キャンペーン対象となっている3州内の自治体の住民のうち、2月27日までに目標の23・2%にあたる約550万人が接種を済ませている。

2018年3月3日付け

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password