2月3日「世界のカーニバル」 ブルーツリーがワークショップ

 【既報関連】今年もカルナバルが2月9日から始まる。既に、街中はカルナバル気分で盛り上がっているようだが、サンパウロ近郊のブルー・ツリー・プレミアム・アルファビレ・ホテルが2月3日に「ワークショップ 世界のカーニバル」と題して、楽器とサンバのワークショップを開催する。

 エスコーラ・サンバで有名なアギア・デ・オーロ(ÁGUIA DE OURO)チームの指導で楽器を叩き、サンバを踊ろうという趣向で、一日ブラジルを代表する文化を楽しもうというもの。参加費の一部は、教育と自己持続可能プログラムプロジェクトを通じて飢餓と貧困をなくそうと設立されたブラジルを代表するNGO「アミーゴ・ド・ベン(AMIGODO BEM)」に寄付する。同催しは、ブラジル日本商工会議所、ブラジル・アメリカ商工会議所、パウロ・コバヤシ・研究所、アギア・デ・オーロ、ブルー・ツリー・ホテル・グループなどが協力している。

 同日午前11時から正午までワークショップを行い、その後、フェジョアーダの昼食、午後2時から1時間半にわたりプレゼンテーションとデスフィーレに参加し、午後4時からNGO「アミーゴ・ド・ベン」への寄付金贈呈式が行われる。

 参加費は1人165レアル(7歳までは無料、7歳から12歳までは半額)。申し込み・問い合わせは、ブルー・ツリー・ホテルの内山明美さん(電話11・99936・8908かEメールkakemi@bluetree.com.br)まで。

2018年1月31日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password