JICAブラジル事務所 総務班長の田中氏が着任

JICAブラジル事務所 総務班長の田中氏が着任
あいさつに訪れた田中氏

 JICAブラジル事務所(斉藤顕生所長)に9月15日から新たに田中祐太郎所員(28、兵庫)が着任し、本紙にあいさつに訪れた。

 田中氏は日本のJICA本部で4年勤務した経験を持つ。本部ではプロジェクトの環境面、社会面、安全面などを検討する審査部と、地球環境部で勤務。イランやカメルーン、コンゴの熱帯雨林の調査なども行った。大学院生時代には環境学・人類生態学を専攻し、カメルーンの熱帯雨林地域にも足を運んだことがあるという。「猿やヘビに囲まれた生活」と振り返り、経験の豊富さを覗かせた。

 世界最大の熱帯雨林、アマゾンを誇るブラジルを初めて訪れた田中氏は同所で総務班長に着任している。総務全般の業務をこなすことになるが、今後JICA事業とも関わっていくという。「(自身の専門を活かした)環境分野や持続的な開発分野で、官民連携で新しい分野を開拓できれば」と意気込んだ。

 日系社会に関しては、「来年110周年の契機もあり、各団体が色々と企画するので良いタイミングで来たと思います。南米自体も初めてで、中学の時の同級生に日系の人がいた程度で、知らないことだらけなので、学ばせていただきながら、協力させていただければ。よろしくお願いたします」と語った。

2017年10月10日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password