JICA防災プロジェクト 「国連笹川防災賞」を受賞

JICA防災プロジェクト 「国連笹川防災賞」を受賞

 JICAブラジル事務所(斉藤顕生所長)のプレスリリースによると、同事務所が実施している「統合自然災害リスク管理国家戦略強化プロジェクト」が5月25日、メキシコのカンクン市で開催された国連主催の「グローバルプラットフォーム会議」の中で国連笹川防災賞を受賞したという。

 同賞は、1986年に国連と日本財団により創設され、自然災害のリスクを軽減するための活動に取り組む個人や団体に贈られるもの。JICAが支援するプロジェクトの単体受賞は、今回が初めてとなるそうだ。

 同プロジェクトは、2011年にリオ州山岳部で発生した大規模土砂災害をきっかけに、13年7月に開始。ブラジル政府による自然災害への対策や国家戦略を再構成し、日本の防災知識と経験をブラジル側に伝えるとともに、災害リスクの把握、都市拡張計画、モニタリングや情報伝達など総合的な災害対応力の強化を目指す4年計画。

 日本から長期専門家をブラジルに派遣しているほか、ブラジルの専門家を日本の研修に参加させ、人材育成にも取り組んでいるという。

2017年6月7日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password