1月の自動車生産 対前年10%減 輸出はほぼ半減

 2019年1月には国内市場における新車販売台数(登録ベース)が前年同月に対して10.2%伸びた一方で、乗用車と軽商用車、トラック、バスを合わせた国内の自動車生産台数は19万6767台と18年1月に対して10.0%縮んだ。ただし、前の月との比較では、新車販売台数が14.8%のマイナスだったのとは逆に、生産台数は10.9%のプラスだった。ブラジルで自動車を製造するメーカー各社が集まる全国自動車工業会(Anfavea、自工会)が6日発表、伯メディアが同日付で伝えた。

 18年1月に比べて生産台数が少なかったのは主に、ブラジル製自動車にとって重要な市場であるアルゼンチンの需要が冷え込んでいることなどを背景に輸出が激しく沈んでいるためだ。今年1月の輸出台数は、4万6398台だった18年1月に比べて46.0%減、3万1709台だった同12月に比べて21.1%減の2万5034台にとどまった。

2019年2月7日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password