10月の大統領選挙 13氏が立候補届け出=選挙高裁

 10月7日に1次投票が実施される総選挙の立候補届け出期間が15日で終了し、16日から選挙運動期間に入った。同日付国内メディアによれば、大統領選では、期限までに13人が選挙高等裁判所に立候補を届け出た。

 大統領選出馬の届け出を行った13人は以下の通り(アルファベット順、敬称略、カッコ内は政党)。◎アルバロ・ジアス(ポデモス党=Podemos)。◎カボ・ダシオロ(愛国者党=Patriota)。◎シロ・ゴメス(民主労働党=PDT)。◎ジェラルド・アルキミン(社会民主党=PSDB)。◎ギリェルメ・ボウロス(社会主義自由党=PSOL)。◎エンリケ・メイレレス(民主運動=MDB)。◎ジャイル・ボルソナロ(社会自由党=PSL)。◎ジョアン・アモエド(ノボ党=Novo)。◎ジョゼ・マリア・エイマエル(キリスト教民主党=DC)。◎ジョアン・ゴウラール・フィーリョ(自由祖国党=PPL)。◎ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバ(労働者党=PT)。◎マリーナ・シルバ(持続可能性ネットワーク=Rede)。◎ベラ・ルシア(社会主義統一労働者党=PSTU)

 今後は選挙高裁により、9月17日までの期間に立候補の可否が判断される。

 調査機関パラナ・ペスキーザスが今月9~13日の期間に実施、15日に発表した大統領選の投票意向調査では、投票先として元大統領のルーラ氏を挙げた割合が30.8%で最も高く、以下、ボルソナロ氏(下議、22%)、シルバ氏(元大臣、8.1%)、アルキミン氏(前サンパウロ州知事、6.6%)、ゴメス氏(元大臣、5.9%)と続いている。

 ルーラ氏は、収賄および資金洗浄で今年1月に2審有罪判決を受け、暫定的な刑執行として4月から収監されている。フィシャ・リンパ法では、2審有罪判決を受けた人物の被選挙資格の停止が定められている。

 ルーラ氏が出馬しないと仮定した場合の投票意向調査では、ボルソナロ氏を投票先として挙げた割合が23.9%で最も高く、以下、シルバ氏(13.2%)、ゴメス氏(10.2%)、アルキミン氏(8.5%)と続いている。

2018年8月17日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password