10月の鶏肉輸出16%拡大

 ブラジル産鶏肉(加工品含む)の2017年10月の輸出量は16年10月に対して16.2%増の36万5500トンに、また、輸出額は同24.6%増の6億3440万ドルに上った。ブラジル動物性タンパク質協会(ABPA)が3日発表、伯メディアが同日付で伝えた。

 今年1月から10月までの累計の輸出量は367万4000トンと16年同時期に対して0.5%減と縮んだが、輸出額は7.2%膨らんで61億5800万ドルに達した。

 同協会のフランシスコ・トゥッラ会長は「この結果により、我々は今年を通して積み重なったマイナスを帳消しにするところまで来ており、年間の結果が量と金額の両方において昨年に対してプラスになるという見通しを維持する」との声明を発表した。

2017年11月11日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password