16年5月以降で最少 9月の国外旅行支出

 ブラジル人らによる2018年9月の国外旅行支出は17年9月に比べて30.7%少ない11億8900万ドルだった。ブラジル中央銀行(BCB)が10月25日発表、伯メディアが同日付で伝えた。

 同行統計部門のレナルト・バルディニ主席は「(国外旅行の)支出は為替レートに敏感だ。今年は重大で強烈なドルの上昇があった。(今年9月の国外旅行)支出額は16年5月以降で最も小さいものだった」としている。同氏によれば、17年9月の平均レートは1ドル=3.13レアルだったが、今年9月の平均は1ドル=4.12レアルだった。同氏は「これは実際、旅行支出に大きな影響を与える」と話す。

 9月の結果により、18年の年初来の国外旅行支出額は138億7500万ドルとなった。17年1~9月の同支出額は141億4500万ドルだった。

 ドル高にもかかわらず、今年9月には外国人らによるブラジル国内での旅行支出額も縮んだ。BCB発表によると、17年9月に4億700万ドルだった外国人らによる支出額は、18年9月には3億7300万ドルまで落ちた。しかし、今年1~9月累計は45億1300万ドルと、17年同時期の43億6000万ドルを上回っている。

2018年11月2日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password