18年W杯予選 ブラジル─コロンビア引分け

 ロシアで開催予定のサッカー・ワールドカップ(W杯)2018年大会の出場権を争う南米予選の第16節の5試合が5日、南米各地で行われた。

 南米諸国の中で唯一、すでに出場権を獲得しているブラジルは、敵地でコロンビアと対戦し1―1で引き分けた。他の4試合の結果はボリビア1―0チリ▽エクアドル1―2ペルー▽アルゼンチン1―1ベネズエラ▽パラグアイ1―2ウルグアイ──。

 南米予選では上位4チームにW杯本大会の出場権が自動的に与えられ、5位のチームは南米、北中米カリブ海、アジア、オセアニアの各連盟から1チームずつが参加して行われる大陸間プレーオフに進んで出場権獲得を目指す。第16節終了時点での1~4位はブラジル(勝ち点37)、ウルグアイ(同27)、コロンビア(同26)、ペルー(同24)。アルゼンチン(同24)はプレーオフにまわる5位につけているが、チリが勝ち点1差でそのすぐ後を追っている。

 ロシア行きの切符をめぐる戦いはあと2節を残すのみ。第17節は10月5日に、そしてすべてが決する第18節は10月10日に行われる。

2017年9月7日付け

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password