19年のGDPの伸び0.8% 中銀が見通し下方修正

 ブラジル中央銀行(BCB)は、ブラジルの2019年の国内総生産(GDP)成長率の予想をこれまでの前年比プラス2.0%から一気にプラス0.8%にまで引き下げた。この大きく下方修正された見通しは、同行が27日に発表した四半期ごとのインフレレポートの中で明かされたとして伯メディアが同日付で伝えた。
 ブラジル地理統計院(IBGE)発表の公式な数字によると、ブラジルのGDPの18年の伸び率はプラス1.1%だった。そして、ブラジル中銀が今回示した19年の成長予想はプラス0.8%だ。つまり、ブラジル中銀は自国のGDPの成長ペースが今年、減速すると予想している。
 19年第1四半期(1~3月)にはブラジルのGDPは前の期(18年第4四半期)に対して0.2%縮小した。そして、ブラジル中銀の通貨政策委員会(Copom)の直近の会合の議事録によれば、ブラジル中銀はその会合で、GDPは今年の「第2四半期(4~6月)にほぼ横ばいに近いパフォーマンスを示すはずだ」との見方を示した。これはつまり、ブラジルのGDPは2四半期連続でマイナス成長となり、同国経済が新たなリセッション(景気後退)に入る可能性をブラジル中銀が排除していないことを意味している。
 ブラジル中銀は「(プラス0.8%という)この年間の成長見通しは諸々の改革とブラジル経済において必要な調整が継続されるというシナリオを条件としており、今年の残りの期間を通して経済活動の回復ペースが上がるという期待が織り込まれている」としている。
 なお、100を超える金融機関のアナリストらに対して行う聞き取り調査に基づいてブラジル中銀が毎週まとめる週次レポートの最新版によると、ブラジルの金融市場は今のところ、ブラジルのGDPの19年の成長率をプラス0.87%と予想している。

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password