2010年7月13日付け

 臨時総会終了後、途中退席した天野鉄人氏から神奈川協会の永田会長に電話があり、天野氏は「大人気ないことをした」と謝罪したらしい。そして、契約条項を一部見直した上で売買契約を結ぶことになったため「波風立てずに穏便に済ませたいので、昨日(臨時総会)の事は新聞に書かないでほしい」との電話が12日朝、同協会の大矢副会長から弊紙に入った。もちろん断った。会長には謝罪したらしいが、審議のために出席した会員らに対する謝罪がなされていないし、何より、総会で事が起こったのは隠し様の無い事実だ。問題の本質から目をそらし「穏便に…」というのが同協会役員らのやり方らしいが、それでは会員は納得しない。事実、この日の総会でも「会を解散して財産はどこかに寄付すべき」という考えに「賛成」と声を上げる会員がいた。創立者らには申し訳ないが、存在する価値があるのか甚だ疑問な組織だと思う。
     ◎
 日本全国で「新潟県産コシヒカリ」として販売されている商品についてDNA検査を行った新潟県が7日、調査結果を発表した。それによると、同県産コシの代名詞「コシヒカリBL」が100%だったものは全体の7割で、コシ以外の品種が1割混入している商品も見つかったという。こうなると気になるのが、リベルダーデの小売店で高値で売られている「コシヒカリ」だ。米国カリフォルニア産のものだが、1袋(6キロ強)で100レアルを超えている。まさか…とは思うが、興味のある人はDNA検査をしてみてはいかがか。
     ◎
 アロマテラピーや視力改善に効果があるとされ、食材としてもアイスクリーム等の材料になる果物ブルーベリーが現在開花中、美しい花を咲かせている。これの観賞用鉢を農業技師の沖眞一さんが希望者に販売している。連絡は電話(11)5589・3283まで。
2010年7月13日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password