2018年下期業種別シンポ 城西大副学長による基調講演も

2018年下期業種別シンポ 城西大副学長による基調講演も
大久保委員長と平田事務局長(左から)

 ブラジル日本商工会議所による2018年下期業種別部会長シンポジュームが、23日午後1時から同6時までサンパウロ市ベラ・ビスタ区のホテル・マクスードプラザ(Rua São Carlos do Pinhal, 424)で開催される。

 副題は「大統領選を直前に控えて~変化の時期への準備と戦略は」で、城西大学副学長の川邉純子氏が基調講演を行うほか、金融、貿易、機械金属、自動車、コンサルタント、化学品、電気電子、食品、運輸サービス、建設不動産の10業種別部会長が、各業界の上期の回顧と下期の展望を発表する。

 案内のため、同会議所副会頭で企画戦略委員会の大久保敦委員長と平田藤義事務局長が来社。大久保委員長は「10月にはブラジルの大統領選、11月下旬にはアルゼンチンでのG20(財務大臣会議)が行われるなど変化の時期です。また、日本とメルコスール(南米南部共同市場)やEU(欧州連合)との関係など、今後どう対応していくかを考える中で、業種ごとの各種分析を通した発表が行われます」と述べ、広く一般の来場を呼びかけた。

 シンポジュームのみの参加は無料(コーヒーブレイク含む、日ポ同時通訳付き)。懇親会(同日午後6時~同7時。カクテルパーティー)の参加は一人70レアルで、今月17日までに商工会議所事務局(Av.Paulista,475 13 andar)か銀行振り込みでの支払いが必要になる。

 問い合わせは、同商工会議所事務局(電話11・3178・6240、Eメール=secretaria@camaradojapao.org.br)まで。

2018年8月16日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password