6月頭の2週 黒字9億ドル 輸入額の伸び目立つ

 産業貿易サービス省が11日公表した貿易統計資料によると、ブラジルの2018年6月第1、2週(1~10日、6営業日)の輸出額は48億4900万ドル、輸入額は39億3500万ドル、貿易黒字は9億1400万ドルだった。

 同月第1、2週を合わせた1営業日当たり取引額は、輸出は8億820万ドル、輸入は6億5580万ドル。17年6月の平均に比べて輸出が14.2%減と縮んだ一方で、輸入は9.3%増と伸びた。

 輸出は、酸化/水酸化アルミニウムやトレーラー/セミトレーラー及び部品、地ならし機、鉄鋼製フレキシブル管などを中心に出荷額を増やした完成品が4.5%増と伸びたが、半製品と1次産品がそれぞれ26.0%減、23.8%減と大きく縮んだ。半製品は主に粗糖、パルプ、鉄合金などの、また1次産品は主に原油、鶏肉、牛肉、大豆ミール、鉄鉱石、トウモロコシなどの出荷額が落ちた。

 輸入額は主に有機/無機化学品(46.7%増)、医薬品(45.0%増)、電気電子機器(25.7%増)、自動車/自動車部品(24.5%増)、機械装置(14.2%増)などの購入額が増えたことで昨年6月の平均を上回った。

2018年6月16日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password