「サンパウロスタイル」 ジェトロSP事務所が発信

「サンパウロスタイル」 ジェトロSP事務所が発信
「サンパウロスタイル」の表紙

 ジェトロ・サンパウロ事務所(大久保敦所長)は今年2月から、ビジュアル(視覚)面を重要視した調査レポート「サンパウロスタイル」を電子ブックとして、インターネット上で発信している。

 同レポートは2010年9月に行った調査を改定し、サンパウロの「今」をファッション、食、暮らし等を中心に写真を多用。経済データや座談会、企業インタビューなどとともに紹介している。

 同事務所では、昨年9月にリオ五輪開催に合わせて同様の調査レポート「リオスタイル」を作成したほか、同11月にはアルゼンチンでの調査をまとめた「ブエノススタイル」も発信したという。

 昨年8月に来伯し、これらの電子ブック発信作業に携わってきた同事務所の山本祐也氏は「写真が多いのでビジュアル的にも見やすく、文体もカジュアルで読みやすいようにしています」と同レポートの特徴を説明する。

 大久保所長は、「日本のGDP(国内総生産)の6割はサービス業が占めており、アジア諸国では特に日本食、教育や小売関連企業が数多く進出しています。今回のサンパウロスタイル発信を機会に、日本の名だたるサービス関連企業の皆様にもブラジルに進出していただきたい」と期待を寄せている。 

 また、ジェトロでは日本のサービス関連企業を対象に、サンパウロ市での「サービス産業ミッション」を7月10日から実施する予定だ。

 「サンパウロスタイル」についての詳細は次のURLを参照のこと。(https://www.jetro.go.jp/world/reports/2017/02/2567bf9dd01ed585.html)

 問い合わせは、ジェトロ・サンパウロ事務所(電話11・3141・0788)まで。

2017年4月8日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password