CBF元会長 また永久追放に 企業から賄賂受け取り

 国際サッカー連盟(FIFA)倫理委員会は15日、ブラジルサッカー連盟(CBF)元会長のジョゼー・マリア・マリン氏(86)を永久追放処分にしたと発表した。この決定により同氏は今後一切、サッカーに関係するいかなる活動にもかかわることができなくなった。

 1982~83年にサンパウロ州知事という要職に就いていたこともあるマリン元会長は、サッカーを取り巻く利権に絡む国際的な汚職に関与したとして2017年に米ニューヨークの裁判所で有罪判決を受け、現在も米国内で収監されている。

 同日付で伝えた伯メディアによると国際サッカー連盟は、マリン氏はCBF会長の職にあった12~15年の間に、CBFおよび南米サッカー連盟(Conmebol)、北中米カリブ海サッカー連盟(Concacaf)のスポーツイベントの放送権に関するメディア、マーケティング企業らとの契約に絡んで複数の企業から賄賂の提供を受けていたとしている。

 FIFA倫理委員会は数々の汚職へのマリン元会長の関与を認定し、同氏をサッカー界から永久に追放するだけでなく、罰金として100万スイスフラン(約1億1100万円)の支払いを命じる決定を下した。

 なお、マリン氏の後任としてCBF会長を務めたマルコ・ポロ・デル・ネロ氏もまた、マリン氏と同様に企業から賄賂を受け取っていたとして18年4月に永久追放処分となっている。

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password