FGTS口座の資金引出し 3~5月生まれは8日から

 連邦貯蓄銀行は5日、FGTS(勤続期間保証基金)休眠口座からの資金引出しについて、3~5月生まれの労働者が引出し可能となる日を予定していた今月10日から8日に早めることを発表した。国内メディアが同日付で伝えた。

 対象となる口座は、労働者が自ら退職を申し出たか、または正当な理由による解雇によって2015年12月31日までに休眠状態となったもの。連邦貯蓄銀行では8日午前9時から午後3時まで国内2000支店を営業して、資金の引出しや関連する問い合わせ等に対応する。また、10日から12日の間は、全支店の営業開始時間を2時間早める。

 同銀行のオッシ総裁によれば、3~5月生まれで資金引出しが可能になる口座は約770万件で、総額は約112億レアル。引出しに関する詳細は同銀行サイト(www.caixa.gov.br/contasinativas)で確認できる。

 FGTS休眠口座からの資金引出しは3月10日から、第1段階として1~2月生まれの労働者を対象に始まり、3月末までに370万口座から計59億レアルが引き出された。

 今後は、6~8月生まれは5月12日から、9~11月生まれは6月16日から、12月生まれは7月14日から資金引出しが可能となる予定。最終的な引出し可能期間は7月31日までとなっている。

2017年4月7日付け

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password